ポイント案内 末武川ダム(米泉湖)

 末武川ダム(米泉湖)は山口県下松市にあるリザーバーで、下松では古くからブラックバスが移入した場所で、著名なアングラーも良く訪れる、広島で言うと椋梨ダム(白竜湖)のような位置づけのリザーバーです。

 水質はステインで、下流域と西側バックウォーター付近は高水温期にアオコが張ります。オカッパリのアングラーも多く、スローブ周辺とバックウォーター周辺は割と人がいて、特に北側のメインバックウォーターはオカッパリの人のメインの釣り場所になるのでトラブルのないようにしたい。

 末武川ダム(米泉湖)のバスは回遊傾向が強いようで、地元のオカッパリアングラーさんに聞いても雨や風で回遊が回ってくると釣れる、と言うような話を良く聞きます。僕はあまりここには来てませんが、実際釣った感じではバスはワカサギに付いて回遊しているようで、あまり固定のカバーには付いていない印象です。

 回遊の多い時間帯は岬やコンクリートで固められたのり面部分をワカサギがよく回遊するので、その回遊するレンジを早く掴む事が攻略の鍵ではないかと思います。

 ベイト付きの回遊が多い反面、日中は結構な確率でゴミ溜まりの下にバスが入っているようで、数釣りは出来ないようですが一発出れば40cm台後半なのでパンチングやフロッグが使えるタックルもあった方が良いかも知れません。

 ベイトフィッシュは主にワカサギとブルーギルと思われます。

グッドコンディションのバスが多い湖です

 広島県三次市の灰塚ダム(ハイヅカ湖)と並んで非常に良く引くバスが多く、サイズも40台後半が揃うので、フィネスタックルでも5~6ibsないと切られやすい湖です。

末武川ダム(米泉湖)関連の動画

 バス釣り 伊豫部健 山口県 末武川ダム Bass Fishing Ken iyobe  https://youtu.be/CKz7WD0dS9U

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com