現在メインでボートをレンタルしている湖です!アルミボートの出艇が難しく、ここを訪れるアングラーのほとんどがフローターかカヤックです。

 当レンタルボートは、上流スロープからも下流スロープからも出船できます!

流木止めフェンスが無くなりました!

 黒瀬橋下流部にあった立木止めフェンス(オイルフェンス)が無くなりました。現在は上流と下流の行き来が可能になっています。

生見川ダム天然スロープ

 生見川ダム(山代湖)のスロープは、上流と下流に1箇所づつありますが、およそスロープとは呼べない不整地となっています。当レンタルゴムボートをご利用いただければ、手伝いなど不要でこの秘境、生見川ダム(山代湖)でボートフィッシングを楽しんで頂けます。

上流側スロープ


 上流側スロープは比較的降ろしやすいですが、それでも120mほどの獣道の斜面をボートを担いで下りないといけません。こちら側は無理をすればアルミボートを担いで降ろす事も可能なので、週末は数艇ボートが出ている事もあります。

下流側スロープ



 こちら側はかなりの荒れ道になるので、アルミボートを降ろすのはほぼ不可能です(ごく稀に無理矢理降ろしている人もいますが)。週末でも下流側はほぼ貸切状態になります。

ポイント案内 生見川(いきみがわ)ダム(山代湖)

 山口県岩国市美川町~美和町にあるレイクで、三次市の灰塚ダム(ハイヅカ湖)と並ぶ広島近郊では中~大規模のリザーバーです。

 広島市内より車で1時間30分で行ける近い場所にあるにも関わらず、マイボートの出船が非常に難しいので秘境と言われています。あまりスレも進行していないので、数も型も非常に良く釣れます。

 4月の中旬から11月下旬までがシーズンですが、冬季も頑張ればブラックバスに出会える素晴らしい場所です。

 上流バックウォーター付近以外は急深で、岸際は3mほどで水深10mを超える場所も多く、下流は最深部で50mを超えます。

 ベイトフィッシュはカワムツ、オイカワ、ハス、ウグイ、陸封鮎、ヨシノボリ、チチブ、ブルーギルなど種類が豊富で、その他にエビ、カニが非常に多く、また当レイクはカジカガエルの生息地として知られています。春先はシーボルトミミズが湖に落ちる事も多く、多種多様のベイトが生息する生見川ダム(山代湖)のブラックバスは中国地方随一のコンディションを誇り、非常によく引きます。

生見川(いきみがわ)ダム(山代湖)注意事項

 1.下流側スロープの駐車方法について。
 2.エンジン(内燃)の使用は不可。エレキはOKです。
 3.ライフジャケットを必ず着用お願いします。
 4.ツキノワグマが良く出ます。2016年も上流側で目撃情報あり。 

生見川(いきみがわ)ダム(山代湖)への行き方

 広島からお車の場合は国道二号線を大竹方面へ。高速の場合は大竹I.Cを降りて、新町陸橋南の信号を右折(小方川を過ぎてファミマの手前)して弥栄ダム(弥栄湖)方面に向かって下さい。弥栄大橋を渡り、そのまま美和方面に。15分程でこのページ上部の地図の、駐車スペースに到着します。非常に分かり難いと思うのでナビかgooglemapを使って下さい。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com